冬の写真加工にオススメ!Photoshopで写真を雪景色にする方法

冬の写真加工にオススメ!Photoshopで写真を雪景色にする方法

2016.12.7
161205_main
ノウハウ

今年も東京は雪が降りましたね。寒さが苦手なトムです。

冬はコタツであったまりたいですが、あいにく僕の家にはコタツがありません。
だから家で飼っている猫に抱きついて心身ともにあっためてもらっていますにゃー。

今回はPhotoshopを使った写真加工の方法を紹介します。
cat_a
写真左の晴れた風景を右のような冬の雪が降る景色に加工していきます。
では早速スタートです!

調整レイヤーで写真の色味を変える

チャンネルミキサー

レイヤーパネル下部の調整レイヤー作成メニューを開き「チャンネルミキサー」を選択します。開いたらプリセットを「モノクロ赤外線(RGB)」にします。
img01
描画モードを「比較(明)」にするとこんな感じに。
img02
既に冬っぽいですね。

トーンカーブ

調整レイヤー作成メニューからトーンカーブを選択し真ん中の点をつまんで少し上に移動し出力値をあげます。このデザインでは出力を135に設定しています。
img03
RGBをグリーンに変更しグリーンの出力値もあげます。
img04
同様にブルーの出力値もあげます。
img_05
トーンカーブを調整することで写真の赤みを軽減し冬っぽさを表現します。

明るさ・コントラスト

調整レイヤー作成メニューから明るさ・コントラストを選択しそれぞれの数値を少し上げます。このデザインでは明るさ【5】コントラストを【10】に設定しています。
img06

レンズフィルター

さらに冬の寒さを表現するためにレンズフィルターを使います。調整レイヤー作成メニューからレンズフィルターを選択し、フィルターを「フィルター寒色系(80)」に設定します。
img07
かなり寒い感じになってきました。
img08

仕上げ

ブラシで雪を描く

最後の仕上げに雪を降らせます。
新規レイヤーを作成し、ツールバーからブラシを選択します。
img09
上のメニューのウィンドウからブラシを開き、ぼやけた感じのブラシを選択します。
img10
ブラシパネル内にあるブラシ先端のシェイプ中から【シェイプ】【散布】【その他】【滑らかさ】にチェックを入れ、雪が降っているようなブラシを作成します。チェックを入れた項目の中はこんな感じです。滑らかさについてはチェックを入れるだけで詳細はありません。
img11
最後にブラシで全体に雪を描いていきます。
img12

完成品

冬の雪の日に景色が変わりました。猫ちゃんも寒そうです(笑)。
snow_cat
それでは加工前と加工後を比較してみましょう。
img13

最後に

さらにインスタ風に加工してしまえば良い雰囲気の写真素材に早変わり!
また機会があればこちらの加工方法なども紹介させていただきますね。
snow_cat_is

それでは、またお会いしましょう!

 

編集部オススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい記事

この記事を書いたメンバー

トム

トム

Designer

グラフィックが好きです。

ドワンゴデザイナー メンバー募集 ! !
Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=sFukn6F8a1kiU68s68PTSt39558dnoY