むーぶろぐ!

料理と写真

MENU
スポンサーリンク
 

普段使いのロイヤルコペンハーゲンに首ったけ

 

食わず嫌いだったロイコペを購入することになったのは去年のクリスマス。

 

12月が誕生日の妻。誕生日プレゼントがちょっと高価だったので、なんとなくクリスマスは家で使える物を探すことに

 

 

本当になんとなくだったけど、ビビビと、スイッチが入った、実際に触ったとき

 

 

 

 使ってみて意外だったのはカジュアルに使い易いということ

 

 この手の高級食器は全部揃いで買って、キメキメのティーパーティー感が苦手だったので敬遠してた

 

折角、高いお皿だから使って元を取ろうゼ!という事で、毎日取り皿として使っていて、どんな料理でも全く違和感なし。

 

と言うか、他の食器と調和しつつ溢れ出る高級感にすっかり虜になってしまった

 

 

 

お正月料理

 

今年のお正月は来客予定があって、じゃあ他にもロイコペ買っちゃうかと謎のロイコペブーム到来

 

 

 

 

まずは舟形のハーフレース

 

今年は初めて自分で蒸したあん肝にカラスミイクラ、金箔を乗せてみた。

 

これだけ悪魔的に強烈な料理に対して全く見劣りしない、いやむしろ完全に調和する強さがこのお皿にはある

 

美しい。美しすぎる

 

 

 

 

ハーフレースの後で見るとナハトマン物足りない感があるけど、刺身にはこれ位が丁度いいのかもしれない気もしてる

 

 

 

 

 

もう一つ買ったプリンセスのオーバル

 

来客は男性2名だったので、お腹空いた対策の角煮

 

このオーバル使いやす過ぎる。和食との相性がいいのも非常に良い

 

 

 

 

順番前後したけど先付代わりの茶碗蒸し

 

ソテーしたフォアグラを乗せ、餡を掛ける我が家のスペシャリテ

 

下に敷いたブルーフルーテッド ハーフレースが美しい

 

 

 

 

で、蟹

 

他用意しておくので蟹買ってきてください、ってお願いしたアラスカ蟹 2kg

 

こんなデカい鍋なんてないから難儀しながらも蒸し&炙りで最高に美味しかった。ロイコペ関係ないけど

 

 

元旦

 

おせちもイブ派の我が家。元旦はお雑煮

 

どうです? 漆器にも馴染むロイコペの懐の深さ

 

 

 

 

日常の食卓

 

後から買った舟形とオーバルは戸棚に仕舞い込まず、日々の食卓でも大活躍です

 

とにかく何にでも合う!

 

 

 

 

 

大したことない料理でも丁寧に盛り付ける程、ロイコペが美しく見せてくれる

 

トマトスライスだって、この通り

 

 

 

 

オーバルは丁度いい深さがあってソースがある料理にも使いやすい

 

サバ焼いてトマトソース掛けただけでご馳走映えがスゴイ!

 

 

 

 

 

我が家のダラダラ週末はこんな感じで、とりあえずサラダ作って飲み始めます

 

「この後お肉にしよっか?パスタにしよっか?それとも両方?」みたいなパターンが多い

 

まあ、いつも両方なんだけど

 

 

 

 

しっかり料理する週末は、気合入れてロイコペの重ね使いで豪華な感じ。

 

最近このサーモンのタルタル黄身多めに刻み白トリュフを乗せるのがいけないマイブームなんです

 

ちなみに収納もこの重ね方で片付けています

 

 

 

 

 

 

ゴリゴリの和食だって全く問題なし。むしろ美しい

 

揚げ出汁豆腐がこんなにも高級食材に見えるなんて

 

 

 

パスタの相性は最強

 

当然と言えば当然ですがパスタとの相性は抜群

 

他のお皿の出番が圧倒的に減ってしまった

 

 

 

 

 

にがりを入れて水の硬度を調節しながら麺を茹でると美味しくなるライフハックを手に入れたけど多分日本では必要ないね

 

生のパセリを使うだけでパスタはプロの味に近づくよ

 

 

 

 

海老の殻をオリーブオイルで煮出した海老パスタ

 

ロイコペと相性が良過ぎる。なぜもっと早く買わなかったんだ

 

 

 

強いお皿の注意点

ロイコペ愛に任せて、良いところばかりダラダラと書き続けてしまったが、このお皿には注意点があります。

 

お皿の存在感が強い、んです

 

その強すぎる存在感に普通の盛付けではお皿に負けてしまう時があります

 

 

 

例えばサーモンなんか普通に盛ると、、、こんな感じ

 

悪くはないけど、お皿が豪華すぎて食材が寂しく見えちゃう。結構な量のサーモンなんだけどね

 

この盛り方なら居酒屋とかでよくある黒い艶消しの角皿とかの方が映える

 

 

 

 

 

 

ロイコペが本当の威力を発揮するのは、このぐらいまでデコった時

 

ご馳走感がハンパないし、お皿が負けない美しさの相乗効果

 

 

 

 

 

ブログやインスタでロイコペ普段使いしてる人、ほとんど見ないの勿体ない

 

使い倒してこそのロイコペと勝手に解釈してデイリーユースとして酷使していきたいと思います

 

 

 

 

 

 最後に、もう一点良いところ

 

ロイコペは高級食器だけとメッキ部分が無いので食洗器対応。公式でも OK となっています

 

 

取り皿 ブルーフルーテッド ハーフレース 19cm

ピックディッシュ ハーフレースの舟形

プリンセスのオーバル 28cm

 

 

 

見どころ満載、ギュッと詰まったペナン観光

 

去年の話を書くのは、これで多分だけど最後

 

10月にペナンに行きました。

 

 

 

 

行った理由はシンプル

 

直行便あるし元イギリス領って楽しそうじゃない?ってノリ

 

 

 

 

ところが出発の直前になって、ハノイ→ペナン便が廃止

 

中止しようか色々悩んで結局 KL 経由で行くことに

 

LCC はコリゴリだよ

 

 

 

マレーシアなのでご覧の通りローカル料理は基本カレー

 

 

 

 

春巻きとか中華っぽさもあるのがマレーシアらしさかも

 

 

 

 

 お酒は進む感じじゃないですよね

 

 

 

 

黄色い料理を黄色い照明で撮るのが本当に難しい

 

特に α7 はイエロー、マゼンタ寄りになりがちな気がする

 

 

オリエンタルホテル

 

最高ね。このホテル

 

特に値段が高いわけではないけど、格式があって歴史も古い

 

 

 

 

KL のマジェステックを思い出す

 

あまりに気に入ったので自分用のお土産に写真とマグネットを買ってしまった

 

 

 

 

朝食

 

閑散期の早朝なので結構すいてたかも

 

 

 

 

食べるぞー

 

 

 

 

やはりカレーも豊富

 

 

 

 

 

まずはオムレツ

 

チーズしか入れません

 

 

 

 

ヌードルも作ってくれる。

 

やはりアジア飯は麺に限る!

 

 

 

 

朝からカレーも、たまには悪くない

 

 

 

 

 

お願いすれば炒めてくれる麺

 

クイテオとパッタイって同じ?

 

 

 

観光

 

お腹一杯になったら、いざ観光へ。海上生活民族やら昔の要塞やら面白い場所が密集して便利な街

 

 

 

 

ヒンズーのお祭りらしく、なにやら賑わうインド人街

 

 

 

 

 

 

ヒンズーのお寺って独特で面白い

 

装飾が細かくてカラフルだから、すぐ分かる

 

 

 

 

暑くてとても歩けなかったのでシクロをお願いした

 

無理矢理、家族4人を1台に乗せてたオジサン凄すぎ

 

 

 

 

中国系のお寺は豪華絢爛

 

 

 

 

ジョージタウンは街がオシャレ

 

壁画アートが街中に書かれていて、街を周りながら見つけると楽しい

 

 

 

 

昔の富豪の家

 

この手の観光地が何カ所かあるんだけど、とにかく豪華

 

エグい儲け方してたんだろなー

 

 

 

 

 

ジョージタウンを離れ、別のホテルへ移動

 

シャングリラ ラサ サヤン リゾート & スパ ペナン

 

 名前がややこしすぎるんよ。とにかく長い

 

 

 

 

部屋のグレードによっても入り口が違うし、ややこし過ぎる!

 

なぜか焼き鳥なんかがあるクラブラウンジ

 

 

 

 

 

食べ放題なんですよ

 

 

 

 

んで、飲み放題なんですよ

 

 

アフタヌーンティと言いながら、ガンガン呑んで夕食としてかき込むって感じですかね

 

これが主目的みたいなので大満足です

 

 

朝食

 

このホテル朝食がスゴイ

 

 

 

 

何カ所か好きな場所で朝食を食べられるんだけど、もちろん一番高そうなレストランに行ってみた

 

 

 

 

子供連れてきちゃってゴメンなさい的な空間だったけどお構いなし

 

 

 

 

 

朝ごはんに分厚いスモークサーモンが出るホテルは超大好き

 

なんならサーモンとパンだけでいい

 

 

メインはオーダーなので、優雅に山盛りサーモン食べてると持ってきてくれる。ほんと大した身分ですよ

 

 

 

 

子供はパンケーキ

 

申し訳ないですねー

 

 

 

 

ローカルフードもしっかり押さえてる。さすが!

 

 

 

 

〆はアジアンヌードル。100点満点の朝食ですね

 

 

 

 

デザートまでこのクオリティ

 

ありがとうシェフ

 

 

 

遊び終わった後のビール

 

このホテルの宿泊客は、ゆったりとしたシャングリラのプールはもちろん、隣のホテルのファシラティも使用可能で、そちらはグルグル滑り台やバケツの水が降ってきたりとアクティブ系。

 

飛行機の時間ギリギリまで遊び倒して、最後にプールサイドで軽食

 

 

 

 

フィッシュ&チップス食べながらビール

 

 

 

クアラルンプールで地獄の乗り換えをしながら帰りました

 

 

 めっちゃ身軽な今回の撮影機材

 

 

 SEL50F18 はこちらのエントリーもどうぞ☟

 

 

日本で食べた贅沢なご馳走アレコレ

 

日本で一番美味しい物は何ですか?

 

 

 

実家の近くの小料理屋さんの写真です

 

ビールって飲みかけでも美味しそうに撮れる

 

 

 

 

 

箱ウニ

 

海苔に乗せてシソの実で、ってオシャレだなー

 

 

 

 

 

 

続いて馬刺し

 

贅沢ですね~

 

 

 

 

 

刺し盛りじゃないですよ

 

これはサラダです

 

 

 

 

 

お刺身4人前

 

結構なボリューム

 

 

 

 

 

 

海老の天ぷらって最高

 

家で再現が難しい料理 No.1 じゃないでしょうか

 

 

 

 

 

 

お刺身が多過ぎてダメな事始めちゃってる

 

 

 

 

実家

 

そして実家めし

 

こんな写真しかなかったけど、奥のカナッペが鉄板メニュー

 

娘のお手伝いと言う名のいたずらによってイクラがオニ盛り

 

 

 

 

 

超絶高級マグロ刺し

 

お高いマグロは大トロはもちろん、赤身もとろけるんだと知りました

 

 

 

 

 

海女さんでもやってるんですか?の量のアワビ

 

その他にもグラタン、Bigサラダと相変わらずパワフルなボリューム

 

 

 

 

ローストビーフも美味しく頂きました

 

ありがとう

 

 

【ネスタリゾート】囲炉裏で楽しむ豪快炉端焼き

 

前回の続きでネスタリゾート

 

温泉を抜けた先の雰囲気ある竹藪を通り夕食へ

 

 

 

 

ガチ囲炉裏、すご!

 

子供が喜ぶと思って炉端焼きに。ただ肝心のキッズ達は開口一番「熱いよーいやだー」って、おい!

 

 

 

 

ビールはしこたま飲んできたので、いきなり日本酒

 

お猪口どれがいいですか?って、どれが一番大きいですか?

 

 

 

 

有無を言わさず4人前。さすが

 

辛口を何種類か飲み比べ

 

 

 

 

焼いていきます

 

しょっぱなから鮎とか映える

 

 

 

 

焼く前に刺身。飲酒が捗る

 

 

 

 

海苔に胡麻油塗って炭で炙ってください、ってマジか

 

香ばしくパリパリで最高に美味しかった。ほとんど娘に食べられたけど

 

 

 

 

ネスタはみな炭治郎なの、すごいな

 

卓で蒸らし行程なので、すぐには食べられないオシャレ演出。白飯だけを食らいたい子供達には苦行のワビサビ。

 

 

 

 

 お子様セット。豪華ですね

 

 

 

 

子供に和牛っすか?

 

 

 

 

猪、鹿、鴨。大人はジビエでスタート。

 

レベル高いな

 

 

 

 

言わずもがなで美味しいやつ

 

 泣く子も黙る WAGYU

 

 

 

赤子が泣いても取らなかった蓋を開けると、美しい白米がキラキラ

 

やはり羽釜は映える

 

 

 

 

野菜も食べましょう

 

気休めでも食べましょう

 

 

 

 

そろそろ良い感じですね

 

 

 

 

炭火で焼けば何でも美味しい。みんなで食べれば何でも美味しい。高級食材は更に美味しい。

 

 

 

 

待ってました。

 

 

 

 

 

後半戦で割と大きめの鰻ぶち込んでくるのスゴイ。

 

釜炊き白飯とミニ丼に

 

 

 

 

ちっかは徳島弁ですか?

 

竹輪です

 

 

 

 

ロング竹輪

 

焼け具合が最高でプリふわ。結構食べた後でもイケる

 

 

 大好物の登場

 

後半に畳み掛けるな

 

なんと〆のフォアグラ 

 

 

 

 

 

最高以外ないでしょ。

 

 

以上、楽しいリゾートで最高の贅沢でした

 

ありがとうございました

 

 

遊んで食べて、ネスタリゾートを楽しみたおす

 

冬に書く夏の思い出

 

夏に帰国したとき、両親がネスタリゾートに連れて行ってくれた話

 

パワフル系の長女の事を考えてくれ、人気の暴れられるスポット

 

 

 

 

腹が減っては、という事で、うどん

 

うどんにウルサイ我が家も納得の味

 

 

 

 

讃岐うどんの街、高松に住んでいたんですよ、子供の頃。

 

だから、うどんはコシ命

 

 

 

 

 

とにかくアクティビティが多いネスタリゾート

 

大型滑り台のあるプール、動物ふれあいコーナーにアスレチック

 

普段できない遊びを欲張って、大人はヘトヘト子供はご満悦

 

 

 

 

用意してくれたのがグレードの高いお部屋で、ラウンジでの飲物はインクルード

 

お洒落ビールをガンガン飲んでから夕食

 

 

 

 

食後は急いでイルミネーション

 

遊びが忙しい

 

 

翌朝 

 

翌日、遊ぶ為の朝ごはん

 

ピザ窯おしゃれ

 

 

 

 

外国住みには嬉しい系が充実

 

 

 

 

オムレツもその場で

 

 

 

 

 

安定の朝ごはん

 

子供と分ける用

 

 

 

 

大人の和食朝ごはん

 

年々分かるこの良さ

 

 

 

 

ライスは炭治朗

 

市松模様のお茶碗はなさそう

 

 

 

 

身体に良さそうなナントカ米

 

 

 

 

日本を感じるTKG

 

夏のネバネバは正義

 

 

 

 

からの、おかわり

 

自分で見なおしても凄い食欲

 

 

 

 

お腹一杯になったら、またまた遊ぶ

 

乗馬、カヌー、魚のつかみ取り

 

 

 

 

仕上げのバギーで終了。と言いながら何周も乗ったけど

 

 

楽しい楽しいネスタリゾートでした

 

 

どうも、ありがとう

 

 

台南で麺を食べるまでの遠くて美味しい道のり

 

何か食べたい物はありますか?

 

そうですね、麺類なら何でも嬉しいです。

 

 

わかりました!麺ですね!

 

 

 

有名な牛肉のスープです。

 

 

ありがとう!

 

 

 

 

美味しいですよ!

 

 

うん、麺は??

 

 

 

 

病みつきになりますよ!ホルモン!

 

 

ねぇ!麺は??

 

 

 

麺を食べさせてくれない高雄人が台南に連れてきてくれました。

 

 

 

 

 

台南はゆったりと穏やかな印象の街。古い街感がノスタルジー

 

突然、牡蠣を剥いてても、いたって自然

 

 

 

 

 

 

なんか水平がへたくそだな

 

 

 

 

 

台湾は晴れて天気の日が多い気がする。

 

温暖で住みやすそう

 

 

 

 

 

 

飲み水は買いにこないといけないんだね

 

 

 

 

 

可愛い陶器の表札

 

 

 

 

 

暑くて疲れたので休憩しませんか?

 

 

気が利く高雄人。麺は食べさせてくれないけど

 

 

 

 

 

 

タピ。冷たくて美味しい抹茶

 

 

 

 

 

おぼろ杏仁タピ

 

 

原宿を席巻できるよコレは

 

 

 

 

オランダとあれこれ時代のソレを歩いて周った

 

 

昔の人は凄いねって思う

 

 

 

 

 

 

高雄人とバイバイしてサバヒー

 

 

サバヒーは日本人が唯一食べない養殖魚とかで、詳細は不明だけど旨い。

 

しっかり脂がのってマジ旨い魚

 

 

 

 

 

水平から逃げるの良くない

 

 

 

 

 

 

多分、願い事を叶えてくれるお札か何か。

 

水平がしっかり取れますように

 

 

 

 

林百貨

 

 

ただならぬ雰囲気の林百貨

 

 屋上に鳥居があって謎

 

中はオシャレなカフェや雑貨屋さん

 

 

 

 

 歩いてお疲れなのでプシュー

 

 

白ビール小雪小雪旨いぞ、おかわりしてしまった

 

 

 

無理矢理小腹をすかせて、ようやく麺

 

 

 

 

担仔面さいこー

 

 

 

 

 やっと麺に出会えた。もはや感動すらある

 

 

 

 

 エンジンが掛かってきたので紹興酒へ移行

 

お酒がすすめと食もすすむ

 

 

 

 

と、いう訳でハシゴ

 

ふらふら歩いて小籠包屋さんで〆の一杯

 

 

 

 

完全に食べ過ぎ

 

 

夜も更けてきたので高鉄で台中へと移動するのでした

 

 

 

 

プーケットで食べた海鮮はほとんど甲殻類だった

 

チェンマイの後はプーケットへ。

 

 

 

 

 泊まったのは Phuket Marriott Resort and Spa Nai Yang Beach というホテル。名前長すぎ

 

 

 

 アメニティがタンってヤバい。

 

我が家はタン信者なのでお風呂は全てアロマティックウッドを愛用。使い切らなかった分は、しっかり持って帰ったぜ

 

 

 

 

部屋のコーヒーがフレンチプレス

 

ヤバいぜマリオット

 

 

 

 

娘にジムトンプソンで象のぬいぐるみを買いました。

 

名前はジムだそうです。多分ジャブローの方じゃない。

 

 

 

 

 次女にも小さい象さん

 

こっちの名前はトンプソンにしたんだってさ

 

 

 

 

 あー、リゾートだ

 

 

 

 

 ちょっくら街を散策

 

 

 

 

さすが島だから海鮮が豊富

 

 

 

 

たまらないねー

 

 

 

 

さいこー

 

この手のヤツ注文するの難儀だよね。値段グラム単位だし、調理方法指定しないといけないし

 

 

 

 

なんとか注文を終えて、まずはシンハ

 

 

 

 

はい美味しい

 

 

 

 

クンシェーナンプラー

 

タイ料理で一番好き。昔バンコクで初めて食べた衝撃が忘れられない

 

 

 

 

海老はデカいほど旨い。

 

口の中に入りきらないよ

 

 

 

 

蟹カレー。定番だよね

 

 

 

翌朝

 

ホテルの朝食って好き。

 

最近は、どうやったら沢山食べれるか研究中

 

 

 

 

これを3セットぐらい食べて、お昼食べない作戦

 

 

 

 

最後は麺

 

お昼が食べれるはずがない

 

 

 

 

子供たちは食べ溜めできないのでプールサイドでハンバーガーとか適当に

 

 

 

この NAI YANG ってビーチだけかもしれないけど超遠浅。

 

行けども行けども膝下

 

 

 

夜はホテル内の海辺側にレストランがあって、海鮮が山盛りになってて楽しそうだったから、吸い込まれるようにいらっしゃいませ

 

 

 

 

こちら3品をオーダー

 

ウチワエビ大好き

 

 

 

 

こっちも美味しそうだったなー

 

 

 

 

タイのクラフトビール

 

ワニかわいい

 

 

 

 

 ブリッブリ

 

最高しかない

 

 

 

 

最高だー最高だー

 

 

 

 

お酒がすすむ君

 

 

 

タイのワイン。タイワインはマリオットでも扱えるレベルなのか、とちょっとショック&ジェラシー

 

シラーズだからオーストラリア人が作ってるのか

 

 

プーケットでは、ほぼ量り売りの海鮮を食べたよ、って話でした。

 

 

 

チェンライは異次元の色彩感覚。まるでFFだ

 

チェンライって、名前がややこしい。

 

チェンマイから車で4時間早朝にぶっ飛ばして来るだけの価値がある、世界観ブッ飛びシティ

 

とにかく寺がヤバい

 

 

 

 

 いるでしょ?強めのボスが

 

ワットロンスワテンって寺院みたいです

 

 

 

 

 別名ブルーテンプル

 

まんまだし、青すぎる

 

 

 

 

 青い以外の形容がでてこないぐらい凄い

 

 

 

 

天井とか、もうナニコレ

 

 

 

 

なんでも最近作られたとか

 

 

 

 

次に来たところはスケール感が狂ってる

 

界王様に会いに行く感じの道の先に

 

 

 

 

 こんなんがありまして

 

 

 

 

 で、中がコレ!

 

今度は白い!!

 

 

ワットロンクン

 

さっきの青い寺を作ったオジサンが現在制作中の新作がこちら

 

ファイナルファンタジーか!!ってツッコまざるを得ない

 

 

 

 

積尸気冥界波をくらったのかと思った

 

地獄絵図で記念撮影

 

 

 

 

 あーそろそろボスくるなーって感じでHPを全快にさせたくなる場所

 

 

 

 

 

ほんと意味わかんないです

 

 

 

 

最後にチェンマイに戻ってピンクヌードルを食べました。

 

タイ北部は色彩感覚がブッ飛んでました

 

 

チェンマイで北部料理と首長族と象

 

チェンマイとチェンナイってややこしいですよね、今年は両方行きました。まずはチェンマイの話

 

5月にちょっとした休みがあって、サクッと直行便で行けるという理由だけでチェンマイへ。

 

 

 

 

ホテルに着いてシンハで一杯。チェンナイってタイで2番目の都市なのに、いきなり?ってぐらい小さい。バンコクがデカすぎるだけだけど

 

 

 

 

ホテルでシンハを一缶開けて、レストランへ。

 

シンハも良いけど、チャーンも良い

 

 

 

 

ホテルで紹介してもらったお洒落ローカルフードレストラン。

 

 

 

 

お洒落なだけじゃなくて、しっかり美味しい

 

 

 

 

お洒落うす暗いお店だったので、写真がムズイ。

 

 

 

 

タイ料理はハズレが少ない気がする。

 

 

 

 

こんな可愛い爪楊枝は初めて

 

 

 

 

お腹も一杯になったのでナイトマーケットへ。

 

 

 

 

おもしろフードエリア。

 

お腹一杯なの残念

 

 

 

キワモノ系はサソリぐらいでした

 

 

 

 

散歩しながらお土産買ったり、写真撮ったり

 

 

 

象さん

 

翌日、象の見にエレファントキャンプへ

 

 

 

 

餌をあげたり、象に乗ったり、絵を描く象をみたり、サッカーする象を見たりした。

 

赤ちゃん象も見れた

 

 

 

首長族

 

長い

 

 

 

 

長老。お土産の営業がスゴイ

 

 

 

 

カメラを向けると超カメラ目線をくれます。

 

 

 

 

ビジネス感もありますが、色んな少数民族が見れて楽しかった

 

 

 

 

フル装備系の少数民族

 

人が通り掛かると帽子を急いで被って、上着を羽織ってくれます。ずっと着てたら暑いもんね

 

 

 

 

寺院。コーユー系もそこそこあった

 

 

 

 

タイって感じ

 

 

 

 

最後ももちろんシンハ

 

 

 

 

北部料理 NO.1 らしいカオソーイ

 

 

 

 

北部料理詰め合わせセット。やっぱりカレーがメイン

 

 

 

 

オムレツにパッタイが IN してる

 

そんなタイ北部料理でした

 

 

 

夏に上海で食べたアレやコレやソレ

 

ブログに時間軸はありません。タイムスリップ to 7月、そんで上海の話。というか上海で食べた物の話

 

 

 

こーゆー中華、苦手です。冷た酸っぱいやつ

 

 

 

苦手 NO.2 ゴムっぽい何か

 

 

 

良かった、麻婆豆腐ね!って、甘いんかい!!

 

初めて食べた甘ったるい麻婆豆腐。しかもカボチャの甘さ

 

 

 

致死量。

 

黄色い酒でも危険です。紹興酒は黄酒って言います

 

 

 

日本で食べるとハズレなし、中国で食べると必ずハズレ系の料理

 

不思議だ

 

 

 

これ、何か分かります??

 

 

 

 

ご名答!さすがですね!そう、北京ダック

 

 

 

首の脂が一番の高級。かしゅっじゅわーって感じ。どう考えても身の方が旨い

 

 

 

堅苦しいレストラン行くと、帰りにラーメン屋に行きたくなる心理

 

 

 

烩麺。本当は麻辣湯がいい

 

 

次の日

 

 

 仕事だったので料理もフォーマルめ。くらげ

 

 

 

アワビかまぼこ 美味しい

 

 

 

はい、シンプルに旨いやつ。シャークフィン

 

 

 

かしゅっじゅわ系ミート

 

 

 

どこで食べても美味しい黒胡椒牛肉

 

 

 

弊ブログ御用達、鳥の丸焼き

 

 

蒸し鍋

 

 

最近、中国で流行ってるらしい蒸し鍋

 

まずは電気コンロの上にデカい鍋を置いて、お米とお湯と蟹とかを少々

 

 

 

その上に網を置いて海鮮を蒸していきます

 

 

 

 

アワビ。

 

食材は蒸気で蒸され、海鮮の出汁はお米の方に落ちていく win win な関係

 

 

 

蒸せば蒸すほど出汁が出る

 

 

 

こんなんまで蒸しちゃいます。爪めっちゃ美味しかった

 

 

 

海鮮の後は、何でも蒸したい放題

 

 

 

お肉の汁は入れないんだって。お皿を敷いてガード

 

 

 

蒸し料理が終わって網を外せば、そこには美味しそうな〆のお粥が。

 

卵を落として、、、

 

 

 

こんなの美味しくない筈がない。全部の出汁が詰まった最高の味

 

 

七宝

 

老街散歩

 

 

 

平日のお昼でも、前に進めないほどの人混み

 

 

熱烈歓迎アゲイン

 

一部の人が忌み嫌うザリガニさんです。

 

海老だと思えば、どうと言う事は無い

 

 

 

あーこれ苦手なタイヤ味のやつ

 

 

 

トンのソク。ぷるぷる

 

 

 

カマを釜で蒸す。

 

 

 

ギルティ―。凶器持込み

 

 

 

白酒に合うザリガニ。辛いヤツの方が好き

 

 

 

同じ種族でも喜ばれる方のやつ

 

 

 

意外と好きなやつ。下の春雨は絶対掴めない系だけど

 

 

 

明日絶対ぷるぷる

 

 

 

白酒で記憶が無いけど、記録はある

 

 

夏に上海で食べたアレコレでした。

 

四川料理の本場、成都で麻婆豆腐など

 

成都へ。出張です。

 

四川料理で有名な四川省の州都。そう、あの辛いやついっぱいの

 

 

 

今年は火鍋に縁があるらしく重慶に続き成都。もちろん連日の火鍋と白酒に胃腸は大変な事になるんだけど、熱烈歓迎人は許してはくれない

 

 

 

それでも食べたくなる火鍋の魔力は何なのか。

 

器官とかはしゃぶしゃぶしてコリコリ。美味しい。

 

 

 

火鍋は庶民の料理で、高級店で食べるとショウと抱き合わせ。

 

 

 

出ました変瞼。一瞬で変わるお面の仕掛けは国家機密

 

 

 

白酒が回ってくると正直何を食べてるか分からなくなる。

 

何かしらのホルモン

 

 

 

高級店があるのは、だいたい老街。

 

デカい都市にはだいたい老街。

 

 

 

二次会からの三次会。

 

どんだけ飲ませればメンツが立つんだチャイニーズ君達よ。

 

寒いのに外で拌麺とか、もう滅茶苦茶

 

 

次の日

 

面白い店あるから行こうよ、って、また外。

 

外が好きな成都

 

 

 

ホルモン回鍋肉麺。悪くないけどさ

 

 

 

 

 パンダ繁殖研究基地。名前がイカツイ

 

パンダいっぱいいるよ。赤ちゃんパンダもいるよ。

 

 

 

で、また火鍋。別に他に食べたい物があるわけじゃないから、いいんだけど、いいんだけど火鍋

 

 

 

驚きはコレ。血

 

スーパー新鮮らしく、めちゃ旨。おぼろ豆腐より柔らかい

 

 

陳麻婆豆腐

 

最終日、陳麻婆豆腐の本店。隣はリッツカールトンとか異様な立地

 

 

 

まずはどうぞ、って、イヤイヤ早く麻婆プリーズ

 

 

 

思いっきり勿体ぶってから登場の麻婆豆腐。ほんと結構待ったよ

 

中国で食べる麻(痺れる山椒の辛さ)ビリビリではなく、辣(唐辛子の辛さ)が控えめだけどしっかり効いた感じ。

 

時々、カレー?って思うぐらい、クミンがガッツリ。う、旨い。

 

 

 

もちろん、麻婆丼ですよ。

 

マナー違反かな?って心配したけど、みんなやってた。旨すぎる

 

 

公園

 

茶碗4杯の麻婆丼はさすがにキツかった。腹ごなしに公園を散歩。

 

大量発生の耳かき職人。

 

 

 

水で字を書く職人

 

 

 

飴細工職人

 

はい、以上です。成都は寒かった

 

 

ヴァイスビア飲みまくりの3日間をミュンヘンで

 

 

ドイツのミュンヘン

 

だいぶ前に行ってたんですよー。

 

ブログはすぐに書きましょう。そう、忘れないうちに。

 

 

 

ビールたくさん飲んだし、ドイツ料理もたくさん食べた。

 

 

 

ドイツ料理と言えばザワークラフトですが、こんなに来ると必ず残すけど、ドイツ初めての人と一緒だと頼むしかない。

 

 

 

カツレツとアスパラは鉄板ドイツ料理。

 

 

 

黒も結構イケますよ。ドイツビールでも。

 

 

で、翌日の市内

 

 

ビールの看板撮りがち。オシャレでたくさんあるから不可避。

 

 

 

ヨーロッパって、ヨーロッパだよね。

 

 

 

こーゆー感じ、ヨーロッパ

 

 

 

こーゆー感じとかもヨーロッパ

 

 

 

おベンツタクシーもヨーロッパ

 

 

 

有名な市庁舎らしいですよ

 

 

 

安産祈願とかかな?

 

 

ホフブロイハウス

 

 一番有名なビアホールに行きました。

 

良かったですね。いや、良くないんです。

 

 

 

早くビール飲みてーーーーって感じですが、

 

 

全員分の席が確保できず、かと言って外は極寒。

 

 

 

 

諦めてホフグロイハウスを後にします。

 

さようならホフグロイハウス

 

 

 

そして、やってきたレストラン

 

 

 

ミュンヘンですが、リトルロンドン。

 

小さい事は気にしない

 

 

 

ビールさえ飲めれば気にしない

 

 

 

ドイツ料理より美味しいし

 

 

 

長いワインもある。ドイツと言えば白ワインらしいので

 

 

 

そろそろメインが来そうですね。ソースやら何やら

 

 

 

肉。 しかも旨い肉。

 

旨い肉はどこで食べても幸せになれる

 

 

 

リトルロンドンだからなのか、ジントニックを勧めてくる。

 

お酒の品揃えがスゴイ

 

 

 

コルクの先に付けたフラスコで分量をチェック。オシャレだ

 

 

 

翌日。

 

3泊6日の超弾丸スケジュールだったので、もう最後の夜です。

 

 

最後のピルスナー

 

 

 

最後の ヴァイスビア

 

ヴァイスビアヴァイツェン って違うんですよ。シャンパン的なアレで。

 

 

 

食事はイタリアン。

 

ドイツに来てもイタリアンの方が美味しいので仕方ないでしょ

 

 

 

トリュフなんか食べたっけ??

 

 

 

ざーぴー。デカい

 

 

 

 ざーぴー2.デカい

 

 

 

ざーぴー3。どんだけだよ

 

 

これはカルツォーネだけど、そーゆー問題じゃないし、ピザはピザですよ。

 

 

 

 

 大好物のグラッパ

 

結構苦手な人が多いけど、欧州の雰囲気の中で飲めば絶対好きになるはず。

 

同行者は白酒とか言ってましたが(けしからん)

 

 

 

 空港。

 

ギリギリ最後にプレッツェルを買って搭乗。

 

 

 

 これはスーパーで買った自宅用のお土産

 

ヨーロッパはスーパー激安、お土産屋割高が酷い

 

 

 

 

 ヨーロッパっぽくて良い。2€

 

 

 

激ウマ生ハム、これも2€

 

 

 

 

手前2個は空港から潰れないように持ち帰った本物。右は空港で買った玩具。

 

 

 

次女が気に入ってくれて良かった。空港で12€。

 

空港高いな!!!

 

 

 

おしまい

 

 

3月に行った台湾について重い腰を上げて思い出す

 

 台湾へ行ったけど、書いてなかったんですよ。

 

忙しくなると24時間頭の中が占領されちゃう職種なので、更新が無い時は違う事を考えてます。

 

 

 

じゃん!台湾ビール工場。

 

いつも美味しく頂いてる台湾ビール。ついに工場まで来てしまった。

 

 

 

壁がビール樽というガバガバのセキュリティーがなんとも台湾らしい(褒めてる)

 

 

 

ビール工場って楽しそう!ってぐらいにノリで来てみたら工場見学はできないんだって。

 

リサーチ不足をしょげても始まらないので、酒盛りを始める。

 

 

 

台湾ビールって、なぜかフォトジェニックで美しい。

 

そして味はいつもの瓶ビールと同じ。逆に言えばどこで飲んでも変わらぬ美味しさ。

 

 

 

プレミアム的な。

 

やっぱ金牌が一番美味しいかな。

 

 

台北観光

 

珍しく台北で時間があったので観光など。

 

この郵便ポスト可愛い。セブンイレブンの前で普通に使われてます。

 

 

 

 

迪化街。多分10年ぐらい前に来たけど完全に忘れてる。

 

 

 

 問屋街だけど、スイーツなんかも売ってて観光地だね。

 

 

 

 マンゴーかき氷とかタピオカドリングだけじゃないよ台湾スイーツ。

 

 

三井アウトレット台中

 

 台中に三井アウトレットができたんですよ。台中に。

 

台中と言っても車で1時間ぐらいかかるから観光で行く場所じゃなさそう。

 

 

 

観覧車とかもあるし、台湾人が喜びそうな日本のお店がたくさん出店。

 

 

 

 アウトレットだからファッション系のお店が多いけど、買ったのはドンクのパンとか、日本のお菓子とか。

 

 

台中の夕食

 

 台中に来ると妙な歓迎を受けるので有難く頂きます。

 

 

 

 からすみー

 

 

 

 あわびー

 

 

 

 さかなー

 

 

 

で、別日

 

 

歓迎と言えば丸鳥。アヒルだったかな?

 

 

 

忘れた

 

 

 

台湾キムチ。台湾キムチ?

 

ちょっと甘い。そして大量の人参

 

 

 

しーすー

 

 

 

伊勢海老

 

 

 

そして、これ!!!

 

カリッカリッに揚げたニンニク。これが信じられないほど旨い!!!

 

そして超辛い&臭い。 だけど旨い。

 

あまりの美味しさに「持って帰るから売ってくれ!!!」ってお願いしたら山盛り一袋くれた。

 

 

 

 これ知ってます?

 

ベトナムにもあるんだけど蓮霧って果物。

 

 

 

 これは家で撮った写真で、こんな感じの果物。レンブって読むらしい。

 

 

買ったもの

 

まあまあ、と評価いただいたパイナップルケーキ。まあまあなら次回は買いません。

 

 

 

卵入りと2種類入っていいかな?って思ったんだけどね。

 

 

 

包装もおしゃれでいいかな?って思ったんだけどね。

 

 

 

 見ため美味しそうで、、、(省略)

 

 

ネットで噂のラーメン

 

 台湾でバカ売れしてるってツイート見て、食べたかったのがコレ。

 

なかなか売ってないのよコレ。

 

 

販売元 TTL って、見たことあるなーって思ったら、まさかの金牌の会社。

 

 

探してる人!ビール工場に売ってますよ!!

 

 

 

噂の中身は この通り

 

で、何がスゴイかって、手前の料理酒がガチの紹興酒ってこと。

 

お湯に入れた瞬間、おいおい匂いだけで酔っぱらうよ!ってぐらいスゴイ。

 

 

 

この紹興酒がほんと良いアクセントで、高級中華料理店みたいなスープの味がする。

 

麺は超普通のインスタントだけどね。

 

 

【中国料理】激辛タウン重慶で本場の高級火鍋を堪能

 

重慶に行ってきました。チャイナの重慶

 

用がなければ、あまり観光で行く場所ではないでしょう。

 

 

 

日本軍を追い出した時に作った解放碑とかあるし。

 

 

 

変な三輪の車がたくさん走ってるし。

 

 

 

重慶は観光のイメージないけど、結構面白い街です。

 

崖に張り付いた洪崖洞って旧市街は千と千尋の舞台になったとかならないとか。

 

 

 

直轄市だけあって、かなり都会。

 

工業で発展した長江上流の工業都市だとか。 

 

 

んなことよりビール。

 

いきなりクラフトビールがめちゃくちゃ旨い。

 

 

 

火鍋。

 

そう、重慶は火鍋の本場。中国に住めば、一度は重慶で火鍋を食べてみたいと思うもの。

 

長年の夢がようやく叶いました。

 

重慶では小さい一人用の鍋が一般的らしい。具材はクルクル回転中華テーブルで、みんなとシェア。

 

 

 

そして衝撃のごま油。なんと一人一本。

 

みんな躊躇なくお皿にドバーって、ね。

 

普通は小さじ一杯とかなんだけど、本場は豪快。

 

 

 

具材は、でましたアヒルの腸。旨い。

 

 

 

続いて、でました牛の器官。旨い。

 

他にも定番のセンマイやらキノコ類で頂きました。

 

重慶の火鍋は庶民の知恵から生まれた料理で、お金持ちが残すホルモンをどうにか食べれるようにしたみたいです。

 

 

 

素敵なお店だったので川劇のショータイムがありました。

 

仮面がバッバッバッバ!!って変わってスゴい。途中素顔が出てきて笑いもとる、中々のエンターテイナー。

 

火鍋は元々庶民の料理、ショーが行われるような高級店で食べる矛盾は置いておきましょう。

 

 

 

〆は重慶小面。

 

見た目通り辛いですが、ツルツルでコシのある細麺が美味しかった。

 

 

 

お腹一杯になったら夜の洪崖洞を散歩。

 

 

 

買うでしょ。火鍋のもと。

 

さすが重慶、種類が多過ぎて迷う。

 

 

 

牛脂が入っているのでカチカチになるそうです。

 

真空パックなので臭いが漏れないから安心して買える。

 

 

 

火鍋屋さんで食べられなかった酸辣粉。春雨大好きなので、もちろん買って帰りました。

 

 

帰路

 

街中、火鍋屋さんの重慶を出て帰路へ。

 

 

 

 

 最後まで麺を食べてしまいますよね。

 

 

 

 

 外せないのが拌麺。拌麺サイコー。

 

上海と違って美味しい中国料理に後ろ髪引かれながら搭乗。

 

 

酸辣粉

 

さて、買って帰った酸辣粉。

 

早速、料理開始。

 

 

 

 何やら辛そうな雰囲気。

 

 酸辣なのでお酢も入ってる。

 

 

 

冷蔵庫にあった肉味噌ものせて。

 

太麺の春雨はバインバインの食感が最高。すすると激辛スープでむせるけど。

 

やはり間違いない旨さだったから、もっと買えばよかった。

 

 

火鍋

 

 んでもって、火鍋。

 

中国には色んな辛さの表現があって、微辣 → 中辣 → 大辣 → 重辣 と、どんどん辛くなります。

 

 日本人には微辣が丁度いい。と、いうか微辣でもかなり辛いです。

 

 

 

 まんま、鍋にドン!!

 

 水を加えて温めると、部屋中に辛い匂いが、、、

 

 

 どうですか、この辛そうな火鍋。

 

大好きな火鍋が家でできるなんて感動です。

 

 ハノイでホルモンを調達するのはアレなので、豚肉を中心に野菜と一緒に食べました。

 

スープの味がガツンとしてるので、分厚めの豚肉と相性が最高。

 

 

 

 

 最後は麺と一緒に〆。文句なしに旨い。

 

 

重慶小面

 

 重慶に行って驚いたのが重慶小面の看板の多さ。街を歩けば重慶小面、火鍋、重慶小面

火鍋、、、の文字ばかり。

 

現地でも食べましたけど、もちろん買って帰りました。

 

 

 

既視感。同じような辛いスープ。

 

 

 

ピーナッツを乗せるとの情報をゲットしたので、こんな感じ。

 

意外と濃厚な豚骨ラーメン風のスープに大量の辣油。

 

癖になるスープと、ひやむぎの様な繊細な麺が最高のコンビネーション。もっとたくさん買ってくればよかった。

 

一緒に行った人が買ってた青椒という花椒が段違いに美味しかったので、もろもろ買いにまた重慶行きたい。

 

 

ホイアンで堪能ベトナム料理と、おしゃれマッサージ屋さん

 

前回の続きでホイアン

 

 ダナンの魅力は夜にホイアンを観光出来ること。

 

 

 

昼間も綺麗な街ですが、ランタンのライトアップは必見ですよね。

 

 

 

面白いお土産物やさんやテーラーメイドの洋服屋さんなどなど。

 

小さい街なので散歩がてら歩くのに丁度いい広さ。

 

 

 

昔、日本人が作ったと言われる日本橋とか

 

 

 

アジア雑貨屋さんなんかも見てて飽きません。

 

 

MORNING GLORY

 

ホテルで美味しいベトナム料理を聞いたところ教えてくれたモーニンググローリー。

 

予約必須とのとこで事前に予約して向かいました。

 

 

 

早めの時間にもかかわらず、お店は超満員。

 

予約していたのに、ある程度待たされました。予約しておいてよかったー

 

 

 

ビールを飲みながらホイアン料理の到着を待ちます。

 

 

 

ホイアンと言えばコレ、ホワイトローズ。

 

海老を入れて蒸した、ここでしか食べられない地元の料理。

 

 

 

こちらもホイアン料理の定番、揚げワンタン。

 

パリパリの皮がおつまみ感覚でお酒がすすむ。

 

 

 

大繁盛の店内はガヤガヤと大忙しだけど、活気があっていい雰囲気。

 

 

 

ひっきりなしに来るオーダーと格闘するオバちゃん達を見ているだけでも楽しい。

 

 

 

中部と言えばバインセオ。日本ではベトナムお好み焼きと言われてます。

 

ハズレなしの大定番。

 

 

 

このお店は何を注文しても美味しかったので次回もまた来たいな、と思いました。

 

ホイアン料理とベトナム料理の両方が美味しいレストランは初めて。

 

 

 

モーニンググローリーだって食べれますよ。

 

 

 

値段も手頃でコスパも良かったです。

 

食後はランタンの街を散歩して腹ごなし。

 

 

 

夜は旧市街は落ち着いた雰囲気になって歩きやすくなります。橋の方は身動きが取れないぐらい激混みだけど。

 

 

 

 夜の市場も楽しいです。

 

見たことない果物とか勧められるけど、勇気が、、、

 

 

 

 

 ランタンが綺麗な、これぞホイアンといった場所。

 

 

 

最近は柄物のランタンもあって綺麗。

 

 

 

ランタンは商品ですが、写真をガンガン撮っても何の文句も言われません。

 

 

PALMAROSA SPA

 

翌日ゴルフ終わりにマッサージ。

 

ホテルでお勧めを聞いて来たパルマローザ スパ。

 

こちらも予約必須とのことで、ホテルで予約してもらいました。日本人が常駐のホテルは便利ですね。

 

 

 

 いきなりオシャレなウェルカムドリンクが来たので、面食らうゴルフ疲れおじさん。

 

 

想像以上に素敵な雰囲気に気後れしそうなぐらい。

 

 

 

お好みの香りを選ぶとかなんとか。すごい。

 

 

 

 着替えて部屋に通されてもマッサージが始まらないオシャレさ。すごい。

 

ハーブに足を浸けてモヒートになった気分。

 

 

 

値段もリーズナブルで最高でした。絶対また来る。

 

 

ナイトマーケットで屋台飯

 

日も暮れる時間になると灯篭を売りが現れます。

 

 

 

日本橋もライトアップされ、流された灯篭が綺麗。

 

ボートに乗って灯篭を流してもロマンチックです。(河の水が臭いけど)

 

 

 

レストランのベトナム料理もいいですが、屋台も楽しみの一つ。

 

ナイトマーケットには、面白そうなものがたくさん。

 

 

 

この日のメインディッシュはコレ、蛙。

 

ベトナムでは蛙が一般的でよく食べられています。

 

 

 

他にも海老とかタコとか美味しそうなのがテンコ盛り。香ばしい香りが食欲をそそる。

 

 

 

 注文すると丁寧に焼き直してくれて、熱々を用意してくれます。

 

 

 

 蛙は鶏モモみたいにジューシーで焼き鳥みたいな味。一口サイズで食べやすいのでビールと一緒に進む。

 

路上だと開放的で一層美味しく感じる気がする。

 

 

 

 タコやらイカらや美味しい物をたくさん食べました。おしまい

 

 

Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2kidVoCC8dknuikjY6U8s6oS