koihaouka’s blog

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

妖精たちの井戸端会議

不可侵な領域のことを。

軽々に語りたくないので。

 

不可侵な領域を。

可侵な領域にしたのち。

 

さっくりと、語ってみることくらい。

いいじゃない、別に──と、思うのですが。

 

別に、いいですよね。

間違って、ないですよね。

 

いいんじゃないでしょうか。

うん、いいよねいいよね。

 

情報発信するときも、然りです。

専門外なことについては、できる限り言及したくないモノです。

 

ただ、専門外ながらも。

専門外であることを明らかにした上で。

 

最低限のマナーとして。

必要最低限のことを学んだ状態での言及を。

 

だねー

そだねー

 

それさえも、認められないと言うのであれば。

この国の言論の自由とやらも地に堕ちたな──と、思っても、いいですよね。

 

うんうん、ただ──そうですね。

見たくないなら見なきゃいいのに、と言うのも一理ありますが。

 

言うに事欠いて、ベラベラみっともないことを。

のべつ幕なしに、と言うことは避けたいモノです。

 

みっともない、ですから。

自分自身が許せなく、なってきませんか?──そう言うのって。

 

だよねー

ですよねー

 

あははー

はい、イマジナリーフレンズかいさーん←

卯辰巳を挟むバンズについて

トラウマを乗り越えた人のことを。

『あの人はもう大丈夫』と言う人がいますが。

 

それは、間違いです。

大丈夫な状態が長くなっただけで。

 

実際にまた、パニック発作を起こしても。

当然のことだと、思うべきです。

 

同程度の痛みは、確かに。

ずっと続けていくと、慣れるモノですが。

 

痛いことには、変わらないので。

それ即ち──耐えるのと変わらない、と言うことでもあります。

 

それと、同じような痛みが100回来たとして。

その痛みを100回とも耐えられると言う保障は果たして、あるモノでしょうか。

 

あるとして、それは。

誰が、保障、するモノ、でしょうかねぇ──少なくとも。

 

『あの人はもう大丈夫』と言う人では、ないのですよ。

えぇ──勝手に人様の人生に期待するなんて、無責任の極みですね。

ぽえ

1月16日になると。

何か懐かしい気がしてきます。

 

なぜでしょう。

なぜ、なんでしょうね。

 

昔、誰かと一緒にいた気がするんです。

その人にとっての、大切な日だった……んー

 

そんな、気がするんです。

えぇ、たぶん。

 

ただ、思い出そうとしても。

なかなか、はっきりと思い浮かばなくて。

 

おかしいなと思います。

僕、それなりに、記憶力、いい筈なのですが──いや、それは他称でしたね。

 

僕は、自分のこと。

記憶力のいい人だと、思わないですから。

 

ふと思い浮かびやすいだけで。

毎度、思い出そうとしても思い出せないのですから。

 

それとも──僕が。

思い出さないように、してしまっているだけなのでしょうか。

 

……あぁ、分からないなぁ。

粉雪に抱かれて震える、16の夜。

≒95.89(%)

365って5*73なので。

本日が15日と言うことは。

 

2021年の3/73が過ぎ去ろうとしていると。

言うことなんですよね。

 

で、それって。

2021年の約4.11%が過ぎ去った、と言うことと等しく。

 

あと25回も同じことを繰り返してしまえば。

2021年を追い越してしまう、と言う寸法です。

 

いやぁ、時間とはあっと言う間に過ぎ去るモノですね。

……すみません、社交辞令ですよコレは。

 

だって僕、日に日に時間の経過が早くなったとか。

思ったこと、ないですもん。

 

そりゃあ、昔のことを今のことのように思い出したりはしますけども。

それがx年前の話かと思い返せば『あぁそんなモノだよなぁ』と思いますもん。

 

あと、起きたと思ったら1日が終わってたとか。

あんまりないですねぇ……いや、たまにあるんですよ。

 

起きたら既に昼過ぎだったとか。

絶対的に起きている時間が少ないってことなら、えぇ←

 

……そう言うことじゃない?

となればやはり、僕はそう言った経験を未だしていないことになりそうですね。

 

あぁ、でも。

楽しいことをしていると、それなりに時間があっと言う間に過ぎてるなんてのはありますが。

 

それって、集中していれば誰もがなるモノではないんでしょうか。

それとも日々のことに集中できれば時間の流れが早く感じるモノなんですかね。

 

……どーでしょーねー

僕、それなりに集中力の高い方だと思うのですが。

 

それに、時間に集中していれば寧ろ。

遅く感じるモノじゃないですか?

 

刻一刻と過ぎ去るのを観測しているだけだと。

まだかまだかって、なりません?

 

退屈だからでしょうか。

僕にとっては──少なくとも、楽しくはないですねぇ。

 

これって、面白いモノですね。

楽しいときも集中している筈なのに、退屈(だと個人的に思っていること)に集中しているときと時間の流れが異なるのですから。

 

んー、集中できているようで片方はそもそもしていないのか。

それとも──時間だけ、集中して観察していると遅く感じるのでしょうか。

 

心拍と言うのも思えば、時間をもとにデータを採りますか。

どれどれ……あれ、少しずつ早くなってますねおかしいな。

 

あぁ、少し興奮してしまいましたか。

実験になりませんね、ボツ←

 

……あぁ、それにしても不思議です。

考えてみると、面白い話です──興味深い。

 

集中する対象によって、時間の経過が異なるかもしれないなんて。

それはそれで──お、いいですね。

 

どう知見を纏めるかはぼんやりしてて思い付かないですが。

ちょっとネタになりそうなので──院進の際のために、調べてみましょうっと。

 

うむうむ、メモメモ。

……あぁ、いいですねぇ。

 

ん、明日明後日は休日ですか。

それはいいですねぇ──その後も休日にならないかしら、あぁ本当に←

甘いタレ

14日と見ると。

バレンタインデーやホワイトデーを思い浮かべるくらいには。

 

甘い思考の持ち主ですが。

まだひと月先ですかぁ──えぇ、自重します←

 

ところで、〝ジチョウ〟で思い出したのですが。

『次長』と聞くと、どうにも偉そうに感じないから不思議です。

 

次長課長のせいでしょうか。

責任転嫁甚だしいですな、あはは←

 

んー、『長の次の職』って意味なので。

ナンバー2、なんて表現だとどことなく偉そうだなとは思わなくもないのですが。

 

どうにもなぁ、やっぱり。

次長◯長の影響が大きすぎますなぁ……え、時すでにおすし?

 

違う、おすしじゃなくて。

遅しですしおすし←

 

言い間違いなら僕、よくやるんですよね。

時すでにおすし、と。

 

字面にすると、一発なのですが。

あー、僕が聴覚優位だってバレる前にバラしておきますね、えぇ←

 

で、なんの話かって話ですが。

本日はボケまくりたい気分だったのでした、てへ←←←

澱を擲つ

どこがとは書かないのですが。

感染者が大勢出たからと様々なイベントを中止したにも拘らず。

 

今年は通常通りの開催を意気込むと言うのは。

なんでしょう……残念だな、と。

 

オンラインを取り入れるとか。

代わりになる新規プロジェクトを立ち上げ実行して〝みる〟とか。

 

感染対策を施した状態で。

あくまでツナギとして行うなら、まだ分かりますが。

 

感染者が増大しているにも拘わらず、以前と同じことを行うと言うのは。

感染拡大を防止すべく中止にしたのはなんだったのだろう、と。

 

そう、思えてしまって。

あぁ──もしかして。

 

そう言ったイベントって。

社会保障も兼ねているのでしょうか。

 

伝統芸能になっているモノもあるでしょうから。

そう言うのを簡単に変えると言うのは如何なモノかって話にでも。

 

とは、言いつつも。

何十年──下手したら百何十年以上も連続で行ってきたことを中止にするくらいのモノですよ。

 

少し、新しい風を入れてもいいのではと思うのは。

あくまで僕が、部外者だからなんでしょうか。

 

──えぇ、書いたからには行動に移そうとできる人でもないので。

その点で言えば──僕の嫌う人種と同じような言動をしているので、僕自身も。

 

あまりこう言うの、書きたくなかったのですが。

こればっかりはどうしても──そう思ったと言うことを──記録しておきたかったので。

 

だって、イベントを開いたら人が集まるでしょう。

人が集まったら──こちらも当然、多少はリスクを被るわけですから。

 

ケであれば被らないであろう程度の。

ハレのリスクを──です。

 

なので、ちょろっと。

あー、いつもの僕ではないでしょうか。

 

これが僕のケではなく。

ハレであれば、いいのですが。

陸のトリスタン・ダ・クーニャ

えー、こちら雪国。

大雪のため、道路事情が悲惨でありますっ

 

だからテレワークできるところは導入しろとあれほど。

──と、思いつつ。

 

はて、1都3県の緊急事態宣言発令を尻目に。

のほほんとしているこちらのかたがたが。

 

新たな新型コロナウイルス患者が現れた途端に。

『ひぃっ!?』とか叫んでいるのですから、滑稽なモノなのですよ。

 

テレワークができるところからするなり。

オンライン診療ができるならそちらに切り替えるなり。

 

窓口に行かずにATMに挑戦するなり。

やれるところを全てやった結果、患者が現れて恐れ慄くならまだしも。

 

それらの手を使わずして。

震えていると言うのは──こちらのかたがたのキャパシティ不足を痛感するようで。

 

誠に、遺憾ですなぁ……と。

他人事のように思っている時点で全く遺憾ではないのですが←

 

だって、ねぇ。

他者に期待するだけ、こう言うのって無駄ですから。

 

自分でなんとかするしかないのです。

そして──自分の関係者を守るしかないのですよ。

 

──えぇ、本当に。

その点、大雪がいい影響を及ぼしてくれると面白いのですが。

 

陸の孤島ねぇ。

雪の上にドクターヘリって着地できましたっけ──これは自衛隊のかたがたも、大変ですねぇ。

 

あと、血液センターも。

まさかキャンセルすることになるとは思わなんだでしたわ。

 

……あー、次の予約日をいつにしようかな。

雪寄せ目的で午後休暇摂るのもありかもなぁ──うーむ←

Better site: ProxyBot webproxy https://proxybot.cc/b?q=2q6Xdk6Cqk8dknuikjY6U8s6oS